logo_loader

MAGAZINE #72019.10.01

仙石原にもう一つの旅のスタイルが誕生

One more stay style in Sengokuhara

ひらまつがホテルをスタートしたときに掲げた理想は「滞在するレストラン」というものでした。それはゆっくりとお食事をお楽しみいただき、帰宅を考えずにワインを愉しみ、食後の時間さえレストランからの流れとして楽しんで欲しいとの想いからでした。
ホテルで過ごす時間のすべてをレストランクオリティで。それが私たちの理想です。ここ仙石原のHIRAMATSUもその理想を形にしたものです。
さらに、もっと私たちの旅に対する想いを進化させてみよう。その試みが「レジデンス」という新しいスタイルです。

新たにオープンしたレジデンス棟には、ゆったりと過ごせるスイートスタイルの客室や、コンパクトなスタジオスタイルのお部屋など、全9室。宿泊も1泊朝食付きという自由度が高いスタイルを基本としました。
もちろん、本館ダイニングでのお食事をチョイスすることもでき、よりフレキシブルに箱根を楽しんでいただけるのではと考えました。
レジデンス棟の客室には温泉付きのバスルームがありますが、さらに貸切スタイルの露天風呂を併設。箱根特有の質の高い温泉をゆったりとお愉しみいただけます。

二つのスタイルで楽しむ仙石原

私たちが、あえて「滞在するレストラン」に1泊朝食付きというスタイルを取り入れたのか。それは、箱根というエリアの特性と無縁ではりません。ゴルフやテニス、美術館館巡り、さらに周辺の山歩きなど様々なアクティビティが魅力のこの地を、もっと自由に楽しんでいただきたいとい想いがベースにあります。
それと同時に、まるで自分の別荘のように気に入った日数をアレンジして泊まっていただいたり、季節の変化が大きい箱根ならではの四季をゆっくり楽しんだり、泊まる方がこのレジデンス棟を自由に使って新しい旅のスタイルを作っていただけたらという想いからです。

館内にはジムも完備

どこまでもHIRAMATSUのクオリティを存分にお楽しみいただける本館。よりカジュアルにアレンジをお楽しみいただけるレジデンス棟。二つのスタイルを持つHIRAMATSU SENGOKUHARA。
訪れるたびに新しい箱根・仙石原の魅力をお楽しみいただける、二つの宿泊スタイルをご堪能ください。

Text : マガジン編集部
Photo : Masashi Nagao

他の記事も見る